代表者プロフィール

前田 敏(まえだ さとし)
1961年大阪生まれ、1987年同志社大学経済学部卒、東京在住
マネー・マネジメントFPオフィス代表
資産運用専門ファイナンシャル・プランナー


職歴
三洋投信(ファンド・マネジャー)
 → 約800億円の外国債券ファンドを運用する。
インベスコ投信(トレーダー)
 → 約3,000億円の資産をバックに株式、債券、為替、先物等の売買業務を行う。
アクサ・インベストメント・マネジャーズ(営業部次長)
 → 銀行、生損保に対してヘッジ・ファンドの販売業務を行う。
三菱UFJ国際投信(お客さまサポート部シニア・マネジャー)
 → 一般投資家、金融機関の販売員向けにセミナー講師を延べ1,000回以上行う。

資格
1級ファイナンシャル・プラニング技能士
AFP
1級企業年金総合プランナー
1級金融窓口サービス技能士
社団法人日本証券アナリスト協会検定会員
宅地建物取引士

趣味
ゴルフ(平均スコア100)

プロフィール
1987年三洋証券に入社、証券マンとしてサラリーマン人生をスタート。営業成績が評価され1989年に三洋投信へ出向、ファンド・マネジャーとして約800億円の資産を運用するも証券不況のため全く昇給がなく、生活が苦しくなる。

給料アップを目指してインベスコ投信、アクサ・インベストメント・マネジャーズと外資系運用会社に転職。インベスコ投信ではチーフ・トレーダーとして約3,000億円の金融資産をバックに、株式、債券、為替の売買業務を行う。アクサ・インベストメント・マネジャーズでは大手金融機関へのヘッジ・ファンドの販売で実績を残すも、外国人幹部と意見対立することが多く、評価されない日々が続く。

そんな折に元上司からパートナーズ投信(現 三菱UFJ国際投信)へ誘っていただき営業部門に配属、セミナー講師を延べ1,000回以上務め1兆円ファンドの実現を含む運用資産の拡大に貢献する。その後、コールセンターへ異動、過去の経験をもとに現場の責任者として一般投資家や金融機関の販売員からの約20万件におよぶ問い合わせに対応、60歳の定年退職を向かえる。

資産運用会社で養ったノウハウと金融関連資格の知識をもとに、 資産運用にお困りの方のお手伝いをするため、ファイナンシャル・プランナーとして独立開業する。

明確な投資目標、実現可能な投資計画、忠実な投資行動、この3つが揃えば必ず投資は成功する。」の信念のもと日々奮闘中。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました