毎月3万円の節約をして、つみたてNISAで1,000万円を目指しましょう

資産運用

毎月3万円の節約は1年間で36万円の節約です。年間36万円の節約をして、その節約したお金を使ってつみたてNISAで株式投信を買い付け1,000万円を目指すといった投資アイデアはどうでしょうか。安全資産である預貯金からリスクの高い株式投信への投資であれば、抵抗がある方も多くおられると思いますが、もともと無駄遣いでなくなるはずだったお金なので、リスクの高い株式投信への投資は、抵抗を感じることなくできるのではないでしょうか。今回は節約のアイデア、つみたてNISAでの投資候補の株式投信、積立投資の投資成果シミュレーションについて解説させていただきます。

スマホの格安SIMへの乗り換えは効果が大きい

スマホの格安SIMへの乗り換えや料金の安い電力会社への乗り換えは既に実践されている方も多くおられると思いますが、まだ、行っていないのであればぜひ行ってください。特にスマホの料金については大きな節約効果が期待できるので、すぐにも取組むことをお勧めします。場合によれば、家庭全体で毎月1万円~2万円以上の節約ができるかもしれません。

意外と行われていない生命保険の見直し

意外と行われていないのが生命保険の見直しです。2021(令和3)年度「生命保険に関する全国実態調査」によれば、世帯年間払込保険料は平均37.1万円となっております。特に公的保険で補償がカバーされている部分に民間の生命保険に加入するなどのケースが多くみられます。また、年齢とともに補償すべき内容も変化していきます。いい機会だと思いますので、ぜひ、生命保険の見直しに取り組まれてはいかがでしょうか?

つみたてNISA対象の投資信託は低コストが前提

つみたてNISA対象の投資信託は約200本と数は少なく、信託報酬率の上限が法令で定められております。信託報酬が0.1%前後の投資信託もいくつかあるので、同じ投資対象のファンドであれば信託報酬が低いファンドを選びましょう。ただし、信託報酬が低いファンドについては取り扱いがネット証券中心となっており、ネット証券以外の金融機関では取り扱いがない場合もありますので、ご確認をお願いいたします。

ご自身の保有金融資産の状況に合わせて株式投信のタイプを選定

国内株式関連資産の保有が多い方であれば海外株式ファンド、海外株式関連資産の保有が多い方であれば国内株式ファンド、株式資産の保有がない方であれば海外株式ファンド50%と国内株式ファンド50%、というようにご自身の保有金融資産の状況に合わせて株式投信のタイプを選定されてはどうでしょうか。

20年間株式投信を毎年36万円(毎月3万円)積み立てた場合の投資成果

20年後に積立投資した資産がいくらになるかは誰にも分かりません。しかし、シミュレーションをすることはできます。全期間のリターンが0%であれば720万円ですが、リターンが3%であれば996万円、リターンが6%であれば積み立てた資産の約2倍の1,404万円、というシミュレーション結果となっております。

節約したお金を使ってつみたてNISAで株式投信を買い付け1,000万円を目指すといった投資アイデアを一度検討されてみてはどうでしょうか? つみたてNISAなので利益が出たとしても税金は取られることもありません。うまくいけば、1,000万円以上の投資成果も期待できます。積み立てた資産が720万円を下回ったとしても、もともと無駄遣いでなくなるはずだったお金と考えれば納得できるのではないでしょうか。

マネー・マネジメントFPオフィス
代表 前田 敏

<ご参考>つみたてNISA対象ファンド低信託報酬上位20ファンド(2022年3月24日現在) 

<ご参考>積立投資シミュレーション・マトリックス表

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました